介護用品と福祉機器の総合デパート あっぷるさいたま店

セレモニーへ 介護用品と福祉機器の総合デパート あっぷるさいたま店 あっぷるさいたま店ご相談窓口 048-824-2388
お問い合わせはこちら

住宅改修工事 自宅介護において、段差が多い・高い、幅員が狭い、和式スタイルなどのそれぞれの家屋独自の特徴が危険を伴いネックになることが多くあります。 介護保険の認定を受けられている方は、改修費の支援を受けて住宅改修をすることができます。

お見積もり無料
文字サイズ


介護保険が適用となる住宅改修

※対象工事費の9割(最高限度額20万円まで)が支給されます。
 ❶手すりの取付  床段差の解消  通路等の傾斜の解消  床材の変更
 ❺引き戸等への扉の取替  扉の撤去  洋式便器等への便器の取替  転落防止柵の設置
 その他、に付帯して必要な住宅改修

 ※詳しくは、お住まいの行政窓口へお問い合わせください。 ご相談から改修完了までの流れ
閉じる ご相談から改修完了までの流れ図






介護向け住宅改修工事における浴室・トイレ・玄関のチェックポイント



浴室

浴槽をまたぐのが大変だったり、
 洗い場に段差がある
洗い場の床や浴槽が滑りやすい
   ▶スノコなどの設置
蛇口やタオル掛け等を
 手すり代わりにしている
   ▶手すりの設置
開き戸のため、洗い場での
 介護が不便
   ▶折れ戸等への扉の取替

浴室イメージ
トイレ

和式便器のため、しゃがんだり
 立ち上がったりするのが不便
   ▶洋式便器への取替
手洗い器やタオル掛け等を
 手すり代わりにしている
   ▶手すりの設置
扉の開閉がしづらい
   ▶扉の取替

トイレイメージ
玄関

玄関から床への段差が高い
   ▶踏み台やスロープの設置
掴まるところがほとんどない
   ▶手すりの設置

あと、介護保険適用外ですが、
照明をできるだけ明るいものにしたり、
不要なものを玄関に置かないように
しましょう。

玄関イメージ


COPYRIGHT(c) CEREMONY CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED